So-net無料ブログ作成
検索選択

スピーカー交換など [R2]

今夏にスピーカーを交換すると決めていたので予定通り作業しました。
純正品は聞くに堪えない粗悪な音しか出ないスピーカーです。

ダッシュボード上に付いている2つのスピーカーを交換しました。


ケンウッド KFC-RS120 12cmスピーカー
107.jpg


純正との比較
108.jpg

109.jpg


ただ交換するだけではつまらないので、防音テープを貼ります。
110.jpg
111.jpg


交換後
112.jpg

車体と干渉してスピーカーパネルが閉まらないので写真の右側の部分だけ防音ゴムを切りました。


◎感想
純正と比べればかなり良い音になりました。
中高音域はそれなりに良いです。

KFC-RS120の再生周波数特性:40Hz~30kHz
家のスピーカーの(同):40Hz~50kHz

このスペックだけ見れば同じくらいの低音再生能力があるように感じますが、比較にならんです。
薄くてペラペラな低音しか出ません(笑)

デッドニングをした上でリアドアにもスピーカーを設置すれば多少はましになるでしょうが・・・。

純正状態では、音量を上げるとビビり音が出てましたが、防音ゴムを貼った効果なのか交換後は音量を上げてもビビり音が出なくなりました。

まだ物足りないですが「最低限聴けるレベル」にはなったので満足しています。

※レガシィはそれなりに音量を上げても窓さえ閉めていれば外部にはあまり音が漏れませんが、R2で同じ位の音量にすると盛大に音漏れします(笑)





バッテリー交換
バッテリー満充電でお客様感謝デイに臨んだものの、「要注意」との診断が下されたので交換することにしました。

パナソニック CAOS 55B19L
113.jpg

114.jpg

115.jpg


電圧を測ると12.50V・・・。少し低い!?
116.jpg


0.8Aで充電しました。
117.jpg


充電後の電圧
118.jpg


バッテリー取付完了
119.jpg



◎感想
エンジンルームが狭くて非常に作業し辛かったです(>_<)
オーディオの音は高音が良く出るようになった気がします。





鉄板剥き出しなので少しでも静かになればと思いニードルフェルトを貼りました。
120.jpg


荷室(純正状態)
121.jpg


リアサスペンション取り付け部(同)
122.jpg


リアシート下(同)
123.jpg


貼り付け後
124.jpg


125.jpg



感想
リアから侵入してくるノイズは静かになりましたが、他の部分の音が目立つようになりました。
本気で静音化に取り組むのであれば全てのカーペットをめくって同じことをしなければならないでしょう。
面倒だし車重が増加してしまうのでこれ以上の静音化は望みません。

あしあと(5)  こめんと(4) 
共通テーマ:自動車

オイルを抜いた [Blog]

先週の土曜日から母が再度入院しまして、昨日手術を行いました。

乳がんです。

無事に退院することを祈るばかりです。


母がいないので父と役割分担しながら家事をしています。
一人暮らしの経験はないですが、中学生の時にほとんどの家事をやっていた経験があるので不自由はしません。
料理は下手ですがね(笑)


さて、本日はR2のエンジンオイルを抜きました。

先日スバルディーラーにてオイル交換してもらいました。
いつものことですが、オイルを多めに入れるのです。
(何度もオイル交換してますが適正範囲内だったことは1度もありません)

1cm程度ならまだ良いかも知れませんが、今回はレベルゲージの上限より数センチも多く入っていました。

こんなことでクレームをするのは今後の付き合いを考えると気が引けるので自分で抜くことにしました。

用意したのは、シャンプーの手押しポンプと、観賞魚用のエアホース(外径6mm)です。

オイル注入口からだと上手くホースが入らないので、レベルゲージを入れる管を利用しました。

適正範囲内になるまで抜きました。

◎感想
オイル交換後はエンジンの吹け上がりが悪く重いなあと思っていました。

抜いた後はクランキング音から違います(笑)
買い物で使いましたがレッドゾーンまでブンブン回り、軽快で本来のR2に戻りました!

やはり、数センチも上だと抵抗になるんだと思います・・・。


次回のオイル交換の際には、「家に帰ってからオイル添加剤を入れるのでオイルは少なめでお願いします」とでも言おう。

意外とディーラーっていい加減なのかも知れません。
レガシィの車検後にエアゲージで空気圧を測ると2.8でしたからね(笑)
※適正空気圧は2.3程度


(8月10日追記)
エンジンが冷えている時と完全に温まった時ではレベルゲージに差が出ます。
私が測ったのはエンジンが温まっている時なので、エンジンが冷えている時には適正範囲内に収まっているのかも知れません。

空気圧は冷えた状態で測って2.8入っていました。

オイルも空気圧も減るものですし、今時ボンネットを開けたり空気圧の点検をするユーザーなんて極めて珍しいでしょうから、減った時のために多めに入れているのかも知れません。
あしあと(2)  こめんと(4) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。